2017年5月24日水曜日

原木生しいたけ・広島県尾道市原田町(2017年)

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました食品についての測定結果です。
食品名は、「原木生しいたけ」
産地は、「広島県尾道市原田町」
製造者及び販売者は、「非公開」

広島県尾道市原田町で栽培された「原木生しいたけ」について、
現状を知っておきたいという事から測定依頼を受けました。

(測定風景)






(測定品詳細)
食品名:原木生しいたけ
産地:広島県尾道市原田町
製造者:非公開
製造工場:非公開
販売者:非公開
生産年月:2017年4月6日
入手年月:2017年4月6日
賞味期限:2017年4月
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:1018.8
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:0.530±0.381Bq/kg(測定下限値0.3Bq/kg)
セシウム134:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
カリウム40:97.6±23.5Bq/kg(測定下限値2.9Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:×
796keV:×

セシウム137
662keV:〇

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:×

ビスマス214
609keV:×
1120keV:×

[トリウム系]
鉛212
239keV:×

アクチニウム228
338keV:×
911keV、965keV:×

タリウム208
583keV:×
861keV:×

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」

人工核種
「セシウム137」

の検出と判断いたします。
なお、セシウム134のピークが確認できないため、福島第一原子力発電所の事故以前の
過去の大気圏内核実験やチェルノブイリ原発事故の影響を受けているものと推測します。

もしも福島第一原子力発電所の事故によるものであると考えるならば、
平成29年4月現在の放射性セシウム比は
「セシウム137:セシウム134=1:0.150」
です。
したがって、±を考慮せずにセシウム137が0.530Bq/kg存在していると考える場合は、
0.530×0.150=0.0795Bq/kg
がセシウム134の理論値となります。
ですが、セシウム134のピークが全くと言っていいほど確認できませんので、
福島第一原子力発電所の事故による影響ではないと判断できます。

ですので、今回の結果の値については、以前から存在しているものであると言えます。
なお、乾燥状態にした場合は、約8倍程度(5~10倍程度との話もあります)に濃縮されるとの話もありますので
「0.530×8=4.24Bq/kg」程度の値が乾燥しいたけの放射性セシウム137の値になると推測されます。

今回の結果を受けて食されるかどうかはお任せになります。
特段高い値というわけではなく、
福島第一原子力発電所の事故以前にも存在していた値であることを申し添えておきます。

※2017年4月9日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年5月20日土曜日

原木生しいたけ・広島県神石郡神石高原町(2017年)

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました食品についての測定結果です。
食品名は、「原木生しいたけ」
産地は、「広島県神石郡神石高原町」
製造者及び販売者は、「非公開」

広島県神石郡神石高原町で栽培された「原木生しいたけ」について、
今回で3年連続の3回目ですが、現状を知っておきたいという事から測定依頼を受けました。

(測定風景)





(測定品詳細)
食品名:原木生しいたけ
産地:広島県神石郡神石高原町
製造者:非公開
製造工場:非公開
販売者:非公開
生産年月:2017年4月1日
入手年月:2017年4月1日
賞味期限:2017年4月
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:951.3
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:2.54±0.819Bq/kg(測定下限値0.3Bq/kg)
セシウム134:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
カリウム40:101±24.5Bq/kg(測定下限値3.1Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:×
796keV:×

セシウム137
662keV:〇

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:×

ビスマス214
609keV:×
1120keV:×

[トリウム系]
鉛212
239keV:×

アクチニウム228
338keV:×
911keV、965keV:×

タリウム208
583keV:×
861keV:×

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」

人工核種
「セシウム137」

の検出と判断いたします。
なお、セシウム134のピークが確認できないため、福島第一原子力発電所の事故以前の
過去の大気圏内核実験やチェルノブイリ原発事故の影響を受けているものと推測します。

もしも福島第一原子力発電所の事故によるものであると考えるならば、
平成29年4月現在の放射性セシウム比は
「セシウム137:セシウム134=1:0.150」
です。
したがって、±を考慮せずにセシウム137が2.54Bq/kg存在していると考える場合は、
2.54×0.150=0.381Bq/kg
がセシウム134の理論値となります。
ですが、セシウム134のピークが全くと言っていいほど確認できませんので、
福島第一原子力発電所の事故による影響ではないと判断できます。

ですので、今回の結果の値については、以前から存在しているものであると言えます。
なお、乾燥状態にした場合は、約8倍程度(5~10倍程度との話もあります)に濃縮されるとの話もありますので
「2.54×8=20.32Bq/kg」程度の値が乾燥しいたけの放射性セシウム137の値になると推測されます。

今回の結果を受けて食されるかどうかはお任せになります。
特段高い値というわけではなく、
福島第一原子力発電所の事故以前にも存在していた値であることを申し添えておきます。

※2017年4月3日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年5月12日金曜日

ペレット焼却灰・広島県庄原市(2017年)庄原さとやまペレット株式会社

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました堆肥扱いについての測定結果です。
商品名は、「ペレット焼却灰」
産地は、「広島県庄原市」
製造者及び販売者は、「庄原さとやまペレット株式会社」

広島県庄原市で生産されたペレットについて、使用後の「ペレット焼却灰」について、
畑等で使用する前に確認しておきたいとの事でご依頼を受けました。

(測定風景)






(測定品詳細)
食品名:ペレット焼却灰
産地:広島県庄原市
製造者:庄原さとやまペレット株式会社
製造工場:庄原さとやまペレット株式会社
販売者:庄原さとやまペレット株式会社
生産年月:2017年4月
入手年月:2017年4月
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:533.8
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:52.0±11.8Bq/kg(測定下限値1.2Bq/kg)(過大検出)
セシウム134:誤検出であり不検出(測定下限値1.0Bq/kg)
カリウム40:2420±505Bq/kg(測定下限値7.1Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:〇
796keV:×

セシウム137
662keV:△

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:〇

ビスマス214
609keV:〇
1120keV:〇

[トリウム系]
鉛212
239keV:〇

アクチニウム228
338keV:〇
911keV、965keV:〇

タリウム208
583keV:〇
861keV:〇

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」
「鉛214」(ウラン系)
「ビスマス214」(ウラン系)
「鉛212」(トリウム系)
「アクチニウム228」(トリウム系)
「タリウム208」(トリウム系)

人工核種
「セシウム137」(過大検出)

の検出と判断いたします。
今回の結果から、セシウム137のエネルギーである662keVにピークを確認しています。
しかし、天然核種が多いため値は過大になっております。
測定結果の662けVのピークの高さから20±10Bq/kg程度の数値ではなかろうかと推測します。

どうしても値を出す必要があれば、ゲルマニウム半導体検出器で10.0Bq/kg程度まで検出下限値を落として測定することが出来れば
値が確定すると考えられる事を申し添えておきます。
ちなみに、灰にした状態のものは、灰になる前の物の80~250倍に濃縮されるとの事です。
よって元のペレットは、20/250~20/80Bq/kg→0.08~0.25Bq/kgの範囲に収まるのではないかと思われます。

日本の樹木からは、福島第一原子力発電所の事故以前から、
だいたいどの地域でも1Bq/kg程度は検出されていると伺っておりますので、
今回のペレットはとても良い商品ではないかと考えられます。

※2017年3月16日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年5月11日木曜日

バーク堆肥(ヤシガラ入・土の友)・広島県三次市(2017年)東洋林産化成株式会社

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました堆肥についての測定結果です。
堆肥名は、「バーク堆肥(ヤシガラ入・土の友)」
産地は、「広島県三次市」
製造者は、「東洋林産化成株式会社」
販売者は、「大信産業株式会社」

広島県三次市で生産された「バーク堆肥(ヤシガラ入・土の友)」について、
畑で使用する前に確認しておきたいとの事でご依頼を受けました。

(測定風景)





(測定品詳細)
堆肥名:バーク堆肥(ヤシガラ入・土の友)
産地:広島県三次市
製造者:東洋林産化成株式会社
製造工場:東洋林産化成株式会社
販売者:大信産業株式会社
生産年月:2017年4月
入手年月:2017年4月
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:645.1
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:2.04±0.872Bq/kg(測定下限値0.5Bq/kg)(過大検出であり微量)
セシウム134:誤検出であり不検出(測定下限値0.4Bq/kg)
カリウム40:141±34.5Bq/kg(測定下限値4.7Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:〇
796keV:×

セシウム137
662keV:△

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:〇

ビスマス214
609keV:〇
1120keV:〇

[トリウム系]
鉛212
239keV:〇

アクチニウム228
338keV:〇
911keV、965keV:〇

タリウム208
583keV:〇
861keV:〇

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」
「鉛214」(ウラン系)(微量)
「ビスマス214」(ウラン系)(微量)
「鉛212」(トリウム系)
「アクチニウム228」(トリウム系)
「タリウム208」(トリウム系)

人工核種
「セシウム137」(微量)

の検出と判断いたします。
今回の結果から、ほんのごくわずかセシウム137のエネルギーである662keVにピークが有ると判断しました。
有ったとしても1~2Bq/kgの範囲に収まると推測されます。
ゲルマニウム半導体検出器で1.0Bq/kg程度まで検出下限値を落として測定することが出来れば
値が確定すると考えられる事を申し添えておきます。

先日の「腐葉土・岡山県新見市唐松(2017年)有限会社伴藤産業」と同じく
堆肥として使用する上で問題はなく、安心できる結果であることを申し添えておきます。

※2017年3月15日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年5月9日火曜日

腐葉土・岡山県新見市唐松(2017年)有限会社伴藤産業

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました堆肥についての測定結果です。
商品名は、「腐葉土」
産地は、「岡山県新見市唐松」
製造者は、「有限会社伴藤産業」
販売者は、「ええじゃん尾道」

岡山県新見市唐松で生産された「腐葉土」について、
畑で使用する前に確認しておきたいとの事でご依頼を受けました。

(測定風景)





(測定品詳細)
商品名:腐葉土
産地:岡山県新見市唐松
製造者:有限会社伴藤産業
製造工場:有限会社伴藤産業
販売者:ええじゃん尾道
生産年月:2017年4月
入手年月:2017年4月
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:631.7
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:3.83±1.26(測定下限値0.5Bq/kg)(過大検出であり微量)
セシウム134:誤検出であり不検出(測定下限値0.4Bq/kg)
カリウム40:114±28.8Bq/kg(測定下限値4.8Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:〇
796keV:×

セシウム137
662keV:△

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:〇

ビスマス214
609keV:〇
1120keV:〇

[トリウム系]
鉛212
239keV:〇

アクチニウム228
338keV:〇
911keV、965keV:〇

タリウム208
583keV:〇
861keV:〇

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」
「鉛214」(ウラン系)(微量)
「ビスマス214」(ウラン系)(微量)
「鉛212」(トリウム系)
「アクチニウム228」(トリウム系)
「タリウム208」(トリウム系)

人工核種
「セシウム137」(微量)

の検出と判断いたします。
今回の結果から、ほんのごくわずかセシウム137のエネルギーである662keVにピークが有ると判断しました。
有ったとしても2~3Bq/kgの範囲に収まると推測されます。
ゲルマニウム半導体検出器で1.0Bq/kg程度まで検出下限値を落として測定することが出来れば
値が確定すると考えられる事を申し添えておきます。
なお、過去の大気圏内核実験やチェルノブイリ原発事故の影響で
日本全国の土壌から5~10Bq/kg程度のセシウム137が検出されてもおかしくはない状況です。
ちなみに、広島県西藤町の畑の土壌から、セシウム137が「3.47±0.53Bq/kg」の値で検出されております。(2016年8月6日現在)
ですので、堆肥として使用する上で問題はなく、安心できる結果であることを申し添えておきます。

※2017年3月14日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年5月2日火曜日

牛乳(ひろしま搾り)・広島県(2017年)山陽乳業株式会社

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました食品についての測定結果です。
食品名は、「牛乳(ひろしま搾り)」
産地は、「広島県」
製造者及び販売者は、「山陽乳業株式会社」

広島県内の給食用の牛乳を提供している山陽乳業株式会社の「牛乳」について、
一般販売されているものからでも現状を知っておきたいという事から測定依頼を受けました。

「山陽乳業株式会社」
http://sanyo-milk.co.jp/

(測定風景)





(測定品詳細)
食品名:牛乳(ひろしま搾り)
産地:広島県
製造者:山陽乳業株式会社
製造工場:山陽乳業株式会社
販売者:山陽乳業株式会社
生産年月:2017年3月
入手年月:2017年3月
賞味期限:2017年3月15日
ロットナンバー:GC1

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:1031.4
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
セシウム134:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
カリウム40:37.9±10.9Bq/kg(測定下限値2.9Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:×
796keV:×

セシウム137
662keV:×

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:×

ビスマス214
609keV:×
1120keV:×

[トリウム系]
鉛212
239keV:×

アクチニウム228
338keV:×
911keV、965keV:×

タリウム208
583keV:×
861keV:×

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」

のみの検出と判断いたします。
放射性セシウムに関しては、検出されるほどのものでもなく
安心して飲むことのできる「牛乳・ひろしま搾り(広島県)」であると思われます。

※2017年3月14日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年4月29日土曜日

広島県知事他2府5県(2府6県)から近隣の原子力発電所が福島第一原子力発電所の事故と同様の過酷事故が発生した場合における被害想定等の質問に対する回答受理

0 件のコメント:
2017年2月1日に、広島県知事に対して
「中国電力「島根原子力発電所」及び四国電力「伊方原子力発電所」についての質問書」
を提出しました。

他にも、2府5県(京都府、兵庫県、奈良県、大阪府、滋賀県、岡山県、香川県)に
同日付で質問しております。

参考URL
「広島県知事に対して「中国電力「島根原子力発電所」及び四国電力「伊方原子力発電所」についての質問書」を提出しました」
http://onomichi-labo.blogspot.jp/2017/02/blog-post.html

広島県知事からは、2017年3月1日付けでご回答を頂きました。
他の2府5県について、全ての回答が昨日揃いましたので、本日その質問内容及び回答内容を全て公表いたします。
皆様にとって、近隣の原子力発電所に災害が発生した場合の避難や被害状況の推測等の参考になりましたら幸いです。
今回頂きました回答書を元に、次回の質問書を作成したいと考えておりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

************************
平成29年3月1日
おのみち-測定依頼所- 代表 信恵勝彦様

広島県危機管理課長

中国電力「島根原子力発電所」及び四国電力「伊方原子力発電所」についての質問書(回答)

本県行政の推進については,日頃から格別の御協力をいただき,お礼申し上げます。
平成29年2月1日付けで質問のありましたこのことにつきまして,次のとおり回答します。

担当:危機管理課 西川
電話:082‐513‐2786

(別紙)
○原子力災害対策において,原子力災害対策重点区域を有さない地方公共団体の役割は,
災害対策基本法及び原子力災害対策特別措置法に基づき作成された,原子力災害対策指針により,
国から伝達される屋内退避等の指示を関係機関に速やかに伝達することとされております。

○こうしたことから,本県としましては,国の指示が県民に確実に伝わるよう,
電力会社,島根県,愛媛県及び市町との間で,情報収集・伝達体制を整えているところです。

○また,原子力発電所での事故時における想定や対策等については,
国が責任を持って行うべきものと考えており,県民の安心・安全のため,
国の責任において安全対策等を実施していただくよう,
これまでも,国に要望をしてきたところです。

○いずれの御質問も,原子力発電所での事故時における,放射性物質の拡散,
被害の想定,健康等への影響,モニタリング,防護措置,広域避難,
除染及び汚染されたがれき処理等への想定や対策,法令改正等に関する内容であることから,
国(内閣府(原子力防災),原子力規制庁)へお問い合わせください。


************************

「北海道知事への質問書」
http://onomichi-labo.net/0-1-1hokkaidou-shitumon.pdf

「北海道からの回答書」
http://onomichi-labo.net/0-2hokkaidou-kaitou.pdf

情報提供いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年4月28日金曜日

玄米・広島県三次市和知町(2016年)収穫20160920

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました食品についての測定結果です。
食品名は、「玄米」
産地は、「広島県三次市和知町」
製造者及び販売者は、「地元の方」

広島県三次市和知町で栽培された「玄米」について、
現状を知っておきたいという事から測定依頼を受けました。

(測定風景)



(測定品詳細)
食品名:玄米
産地:広島県三次市和知町
製造者:地元農家
製造工場:地元農家
販売者:地元農家
生産年月:2016年9月20日
入手年月:2016年9月20日
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:855.8
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
セシウム134:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
カリウム40:58.5±15.8Bq/kg(測定下限値3.4Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:×
796keV:×

セシウム137
662keV:×

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:×

ビスマス214
609keV:△
1120keV:×

[トリウム系]
鉛212
239keV:×

アクチニウム228
338keV:×
911keV、965keV:×

タリウム208
583keV:×
861keV:×

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」

のみの検出と判断いたします。
放射性セシウムに関しては、検出されるほどのものでもなく
安心して食べることのできる「玄米(広島県三次市和知町)」であると思われます。

※2017年3月13日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年4月25日火曜日

西日本測定所ネットワーク第18回会合(詳細内容)2017年4月23日(京都・市民放射能測定所)

0 件のコメント:
本日は、2017年4月23日(日)に行われました「西日本測定所ネットワーク第18回会合」についての詳細内容です。
箇条書きとなりますが、ご了承ください。

集 会 名:西日本測定所ネットワーク第18回会合
開催日時:2017年4月23日(日)14:00~
場  所:京都・市民放射能測定所
参加者一覧(敬称略)
・京都・市民放射能測定所
・阪神・市民放射能測定所
・奈良・市民放射能測定所
・高槻・市民放射能測定所
・さかな二匹の測定所
・おうみ市民放射能測定所
・おのみち -測定依頼所-
・NPO法人高木仁三郎市民科学基金

 京都:奥森 佐藤 菊池 楠本
 阪神:安東
 奈良:辻本
 高槻:時枝 石上
 さかな二匹:中田
 おうみ:宮本 加納
 おのみち:杉原
 高木:菅波

(欠席)
・南福崎土地株式会社放射能測定室
・なばり放射線測定所しるみる
・京都北部・市民放射能測定所たんぽぽ
・せとうちラボ
・みんなの測定所・ふじみーる

○あいさつ
京都・市民放射能測定所 楠本さん司会
各測定所自己紹介

○各測定所の近況報告
・奈良・市民放射能測定所
3月26日に四周年のセレモニー
記念講演
奈良に保養に来られる際に講演
埼玉県の給食は地産地消で・・・
現状の報告を受けた
スタッフにもいろいろと変化
新しい方も加わっている
2017年5月21日(日)10時~17時
無料測定まつり
ブルガリアのブルーベリージャム

・阪神・市民放射能測定所
酵母パン
ヒノキと杉の灰・京都府南丹市日吉・京丹波町和知
ゲルマで測定→Cs134もわずかに検出。比率から事故由来のCs137は「5Bq/kg」程度含む(全体の半分程)
福島原発事故由来の放射性セシウムを捉えることができた
千葉県松戸市に事故時使用していた冬用の肌着
千葉県産のツバス(2017年4月2日購入)
袖ヶ浦で捕獲されたと思われる
千葉県産では銚子港と書いてあることが多い

・さかな二匹の測定所
2017年3月の北関東及び福島県の空間線量調査結果

・おのみち -測定依頼所-
某酵素による放射能セシウムへの効果
東日本土壌ベクレル測定プロジェクトの進捗及びマップの紹介

・高槻・市民放射能測定所
埼玉
4件報告
食道がん
ワインセラーで16度
「国立研究開発法人産業技術総合研究所」が開発した「放射性セシウムを含む玄米の認証標準物質」(2012年8/31から頒布)をZIPで測定し、ZIPの測定能力にどれほどの正確性があるのか検証
大阪の淀川系の水道→1年間分のイオン交換した樹脂
測定所から150mの所に「産廃焼却炉」が計画されています。
測定所も参加して「産廃焼却炉対策協議会」の活動が本格的に始まっています。
シンメトリー社が空間線量を開発中。スマートホンと連携機能も。
1台38万円で10台注文があれば

・おうみ市民放射能測定所
お寺が何軒かある
選定するたびに松葉を頂いて測定
滋賀県
ペレットストーブの灰
薪ストーブの灰
滋賀県からの原子力発電所にかかる回答書について

・京都・市民放射能測定所
福島県産(福島市西部)の自家製干し柿の測定結果→2016年と2017年の干し柿の結果
無料測定会などイベント、講演会
7検体を無料測定
伏見区向島の畑の土
京都市内の保育園の園庭の砂
京都産白米
大阪府吹田市の公園の砂
京都市内の池の底の砂と公園の落ち葉
震災時に福島県いわき市で着ていたカーディガン
京都府からの原子力発電所にかかる回答書について
ホットスポットファインダーについて

・NPO法人高木仁三郎市民科学基金
原発立地地域から原発ゼロ地域への転換(1冊300円)

○その他

○西日本測定所ネットワーク「ゲルマで測るプロジェクト」
2017年6月 日(土)か 日(日)
担当:「京都・市民放射能測定所」
検体予定:「淡水魚」

次回
2017年7月2日(日)14:00~
高槻・市民放射能測定所












==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2017年4月19日水曜日

生ひじき・山口県熊毛郡上関町祝島(2017年産)あわたま

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました食品についての測定結果です。
食品名は、「生ひじき」
産地は、「山口県熊毛郡上関町祝島」
製造者及び販売者は、「あわたま」

今年も山口県熊毛郡上関町祝島で採れた天然の「生ひじき」について、
伊方原発3号機も再稼動したとの事で現状を知っておきたいという事から測定依頼を受けました。

「あわたま」さんのFaceBookページはこちら
https://www.facebook.com/%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%BE-218110751630065/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

(測定風景)



(測定品詳細)
食品名:生ひじき
産地:山口県熊毛郡上関町祝島
製造者:あわたま
製造工場:あわたま
販売者:あわたま
生産年月:2017年2月9日
入手年月:2017年2月9日
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:729.8
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:不検出(測定下限値0.5Bq/kg)
セシウム134:誤検出であり不検出(測定下限値0.5Bq/kg)
カリウム40:570±123Bq/kg(測定下限値4.1Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:△
796keV:×

セシウム137
662keV:×

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:×

ビスマス214
609keV:△
1120keV:×

[トリウム系]
鉛212
239keV:×

アクチニウム228
338keV:×
911keV、965keV:×

タリウム208
583keV:×
861keV:×

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」

のみの検出と判断いたします。
放射性セシウムに関しては、検出されるほどのものでもなく
安心して食べることのできる「生ひじき(山口県熊毛郡上関町祝島)」であると思われます。

※2017年2月21日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
==========================================================